© 磯料理ヨット(三重県志摩市浜島町にある飲食店、レストラン、和食処、あっぱっぱ焼き、伊勢海老定食など) All rights reserved.

夢海道チップアートNo.24 【このしろ】

 夢海道チップアートNo.24 は このしろ!




これは浜島でもよくあがります^^

関東ではコハダの名前でよく耳にしますよね、


この辺は鱗をキレイにとって、3枚におろして

中骨はそのまま細切りにして酢味噌なんかでたべます。

脂がのっていて美味しいですね^^




以下、ウィキより

沿岸漁業の定置網刺し網投網などで漁獲されるが、サビキ釣りで釣れることがある。


全長10cmほどの若魚が「コハダ(小鰭)」と呼ばれ、漬けにしたものが寿司種として珍重される。これらの若魚は日本では毎年5月頃から出回る。


成魚は塩焼き唐揚げ刺身などで食用にされるが、若魚よりも漁業価値が低い。小骨が多くて傷みも早いこともあり、漁獲地周辺の流通にとどまる。そのままでは臭みもあり、刺身などで食べる際は醤油ではなく酢味噌が用いられることが多い。


酢漬けに加工されたものがもっとも一般的。正月などに流通する粟漬けもコノシロの酢漬けである。


有明海沿岸域では若魚を投網などで大量に漁獲し都市部に出荷していたが、1990年代後半頃から漁獲量が減っている。


煮干しに加工されて市販されることもある。上品な旨味の強い出汁がとれるが流通は局所的。


由来


コノシロという名前については、以下のような伝承が伝わる。



むかし下野国の長者に美しい一人娘がいた。常陸国国司がこれを見初めて結婚を申し出た。しかし娘には恋人がいた。そこで娘思いの親は、「娘は病死した」と国司に偽り、代わりに魚をに入れ、使者の前で火葬してみせた。その時棺に入れたのが、焼くと人体が焦げるような匂いがするといわれたツナシという魚で、使者たちは娘が本当に死んだと納得し国へ帰り去った。それから後、子どもの身代わりとなったツナシはコノシロ(子の代)と呼ばれるようになった。



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


20212/28

志摩の海女漁が解禁です

3月になったら悪い流れが断ち切れて良い方向に向かいますように、(祈) 最近、ホームページのテンションが低くてすみません…

20212/24

臨時休業のお知らせ

明日2月25日木曜日は家族の事情により臨時休業いたします  申し訳ごさいません…

20212/21

連休させていただきます

明日2月22日(月) 2月23日(火)はお休みになります…

20212/17

【臨時休業】のお知らせ

明日2月18日木曜日は 都合により臨時休業致します 今後も2月中は臨時休業がある事もありますので、遠方よりの来店の…

20212/12

【お知らせ】2月の月曜日はお休みを頂きます

2月は月曜日、火曜日と連休させていただきます 23火曜日も休みます 勝手言いますがよろしくお願い致します …

ページ上部へ戻る