伊勢志摩:浜島にある磯料理ヨット公式ホームページへようこそ!!


本年6月に創業50年目を迎えた磯料理ヨットは地元で獲れる新鮮な素材をシンプルな料理法で手頃な値段で楽しめる店です。

人気は店のネーミングをとった「ヨット定食」お刺身と焼貝の盛合わせの入った少し贅沢な定食。
さらに、ヨットオリジナルの「貝チャーハン」も人気です!
その他、季節によって旬の素材をそろえているので、後は、ご来店してからのお楽しみです。
伊勢志摩に来たら、あっぱっぱ焼の磯料理ヨットへどうぞ^^

尚、家族でやっていますので、急に休むことがあるので遠方の方はご来店前にご一報頂けると幸いですo( _ _ )o


磯料理ヨット年間写真集製作中


 住 所  〒517-0404 三重県志摩市浜島町浜島1161-6
 TEL  0599-53-0486
 営業時間  11:00〜18:00(ラストオーダー)日曜、祝日は11:00〜17:00
 定休日  火曜 但し祝日の場合は営業

和名と学名の違い 

0

    学名
    生物の学術上の名称のことです。国際的に統一して使用するために、ラテン語で表記されます。種の名称は2語で示されます。たとえば、ウナギの学名はAnguilla japonicaです。前の方の名称は属名、後ろの名称は種小名といいます。属名と種小名は、我々の「姓」と「名」のようなものです。似た種をまとめたものが属です。属をまとめたものを科といいます。科の上のグループは目(もく)、目の上には綱(こう)、綱の上には門、そして門をまとめたものを界といいます。このように生物を階層的に整理することによって多様な生物を分類することができます。ウナギは動物界の中で右のように分類されています。属名と種小名は習慣的にイタリック体で表記します。


    和名
    和名は生物につけられた日本名のことです。和名にはそれぞれの地域で使っている地方名と日本全国で共通な標準和名があります。標準和名はそれぞれの種に対してつけられた名称です。地方名もふつうに見られる種については種と対応していますが、複数の種をまとめて一つの地方名で表すこともあります。

    外国の魚にはふつう和名がつけられていませんが、水産重要種や学術上の必要から和名がつけられる場合もあります。また、英名や仏名などを見ると、日本の標準和名のように種と対応しているわけではなく、異なった種に同じ英名がついていたり、複数の種が同じ英名で呼ばれていることも珍しくありません。日本のようにそれぞれの魚種に固有の標準和名がついているのは世界では珍しいことなのです。

     

     

    ご指摘頂いた井上様、ありがとう御座います

    大変、勉強になりました

    感謝♪

     

     

    あっぱっぱ 標準和名はヒオウギガイです

          


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック